カジ旅の安全性は?違法でも危険でもない理由を徹底解説

  • URLをコピーしました!
カジ旅の安全性徹底解説

カジ旅は日本でも人気のオンラインカジノの1つです。しかし、その一方で「法的に問題はないのか」「遊んでも逮捕されないのか」といった疑問、さらには「詐欺やイカサマで騙されないのか」といった根本的な信頼性について疑問に感じる意見も見られます。
しかし、このような疑問はギャンブルすべてに対して生じる疑問であり、ごく自然なものです。もちろん今回紹介するカジ旅はそういった不安や疑問の声を払拭するだけの証拠があります。

今回は、カジ旅の安全性について次の流れで解説します。それは、法律面から見た安全性、信頼性から見た安全性です。この2つの面からどのように安全なのかをまとめました。いずれもカジ旅がなぜ安全なのか理解できる内容になっています。

目次

カジ旅で遊ぶのは違法ではないのか? 法律面から見る安全性

カズキ君

カジ旅って結局ギャンブルだから、遊んだらまずいんじゃないのかな?

カジ乃先生

あら、別にカジ旅で遊んだからって法的には何の問題はないのよ

カズキ君

え?でも日本でキャンブルに興じたら捕まるんじゃないの?

カジ乃先生

そうね、せっかくだからオンラインカジノが安全である理由について解説してあげる

日本国内では、三競(競馬、競輪、競艇、オートレース)のような公営やそれに近いギャンブルに対しても否定的な印象を持っている方が少なくありません。街中や郊外に点在し、身近なギャンブルであるパチンコでさえもネガティブな視点を持っている方が意外に多くいます。このような状況になっている要因として”法的な不安”が挙げられます。
実際日本国内ではギャンブルは違法であり、運営できるのは冒頭でお話しした公営ギャンブルやそれに近い物、そしてパチンコ程度です。では、なぜそれらに入らないギャンブルであるカジ旅は大丈夫なのかといった疑問に対して、項目ごとに解説を行っていきます。

日本国内ではギャンブルは違法

日本国内ではギャンブルは違法

大前提として、日本国内でギャンブルは違法です。実際著名人が違法カジノ店に足を運んで賭博行為で摘発されたり、プロスポーツ選手が野球賭博を行ったことによる処分、また、年に数回は全国の繁華街で違法賭博の現場が摘発され、ニュースになることもあります。
このように日本では規模の大小を問わずギャンブルを行うことは違法なのです。ただ、この状況も今に始まったことではありません。もともと戦前の刑法でも賭博は禁止されており、戦後直後も「健康で文化的な社会の基礎を成す勤労の美風(憲法二七条一項参照)を害する」として厳重に処罰していました。そんな法的な視点からカジ旅を見ていきましょう。

賭博罪により違法とされる

ギャンブルが違法である根拠となるのは賭博罪に該当するか否かです。これは金銭や宝石などの資産を賭けてギャンブルをした際に成立する罪です。偶然の勝敗によって勝者が資産(財物)を得て、負けた人が財物を失う行為を行うと賭博罪により違法とみなされ逮捕されます。
こういった趣旨の法律になるので「カジノを運営、プレイで逮捕」、「賭けマージャンにより逮捕」といった事件が発生する根拠としてこの賭博罪の適用になるのが理由になります。つまり、ギャンブルが違法であるという理由は賭博罪が法的根拠なのです。

ただ、すべてのギャンブルが違法になるというわけではありません。食べ物などすぐに無くなってしまうものや後述する公認ギャンブルは例外扱いとなっています。

一部の認められたギャンブルだけが運営可能

先ほども触れた通り、ギャンブルの開催や運営、そしてプレイは基本的に賭博罪の適用となるため違法です。その一方で食べ物のようなものを賭けた場合や公認のギャンブルに関しては違法になりません。
連日テレビやラジオといったメディアで競馬や競輪、競艇、オートレースが開催日やPR目的で公然と広告が打たれています。ここまで堂々とギャンブルを開催し、それに参加できるのはこれらのギャンブルが法律で許可されたものであるからです。事実競馬であれば競馬法、競輪は自転車競技法、競艇はモーターボート競走法、オートレースは小型自動車競走法によって公認されています。また、部分的ではあるもののパチンコも風俗営業取締法によって監督されているため、日本でも楽しむことが出来ます。

オンラインカジノは違法ではないのか

オンラインカジノは違法ではないのか

結論を言えば、カジ旅を始めとするオンラインカジノは違法ではないという認識・扱いとなっています。過去にはオンラインカジノをプレイしたことを理由にプレイヤーが摘発されたこともありますが、結果として不起訴になり、裁判には至りませんでした。
つまり、オンラインカジノでのプレイは違法として扱えず、賭博罪に問われないのです。違法性のないギャンブルであれば、それに応じた法律の制定など法整備されていてもおかしくはありません。しかし、現実として法整備されていないギャンブルが堂々とプレイできるのは矛盾しているように思えます。

このような状況にあるオンラインカジノはなぜ罪に問われないのでしょうか。その理由として日本の法律とオンラインカジノの関係性やオンラインカジノを規制する法律がない事が挙げられます。オンラインカジノが違法だと摘発されないのはこれら2つの理由によるところが大きいです。
ただ、それでも気になる方は、全く違法でないオンラインカジノの遊び方もあります。そういったものも紹介しながら解説しましょう。

日本の法律とオンラインカジノの関係性

日本の法律とオンラインカジノの関係性

日本の賭博罪とオンラインカジノの適用については、これまでの賭博とは異なった関係にあるといえます。つまり従来の違法賭博とはまったく異なった存在がオンラインカジノなのです。
その理由として賭博罪ではプレイヤーと運営者の同時処罰が原則であることや、オンラインカジノはそれに該当しない、日本の法律が想定していないギャンブルであることが挙げられます。では、なぜそんなことになるのか、それこそがオンラインカジノの特徴によるものです。

オンラインカジノは、日本で開帳されたギャンブルではなく海外で開帳されたギャンブルであること、全く新しい形態のギャンブルなので法律が対応していないことが挙げられます。
この特徴と賭博罪に問われない理由を関連付けながら解説していきましょう。

賭博罪は「プレイヤー」と「運営者」の同時処罰が前提
賭博罪は「プレイヤー」と「運営者」の同時処罰が前提

賭博罪はもともと同時処罰が前提の罪です。これは、ギャンブルを開催する側が賭博開張罪、ギャンブルをプレイする側が賭博罪として処罰することが前提になっています。
違法カジノの例でいえば、「違法カジノを開張した違法カジノ店」と、「違法カジノをプレイしに来店して実際にお金を賭けた客」がセットになって逮捕されます。実際賭博罪の適用ルールとして「賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する。」(刑法186条2項)と明記されており、プレイヤーと主催者、いわゆる胴元が同時逮捕されることが原則になっています。

ただ、オンラインカジノの場合は開張している運営者が海外にあるため同時に処罰できず賭博罪が成立しません。このことが違法ではないといわれる理由の一つとされています。

オンラインカジノは日本の法律の想定外
オンラインカジノは日本の法律の想定外

オンラインカジノは日本の法律の想定外とされています。その理由として、賭博の運営者とプレイヤーが違う国にいること、そして賭博の運営者が現地では公認であることが主な要因になっています。
賭博罪の場合は、運営している店や個人が日本にいて、かつ違法行為が明らかな場合に逮捕の対象となるのが原則です。しかし、オンラインカジノの場合は、運営者が運営している現地では公認ギャンブルとして認められているため逮捕できません。
例えば、アメリカで競馬が禁止ギャンブルだったとして、日本の競馬主催者を逮捕しにアメリカの当局がやって来るようなものです。そういったことは事実上困難であり、プレイヤーや運営者の同時処罰が不可能になっています。こういった法律の限界もオンラインカジノが違法でない理由です。

規制する法律がない以上罰することはできない

規制する法律がない以上罰することはできない

そもそも日本にはオンラインカジノを規制する法律がありません。海外の運営者、しかもライセンスを持った現地公認の相手に対して逮捕できないのはもちろん、そもそもプレイヤーも日本でプレイしているとみなせるのかといった疑問が出てきます。
何故なら、オンラインカジノはインターネットを介して海外のサーバーにある場所で金銭のやり取りをしており、これが日本での行為かはっきりしないといった見方があるからです。いわば、海外のカジノをプレイしている日本人を日本の警察が現地に行って逮捕するようなものです。
日本は法治国家ですから、そもそもこのような法律に明文化されていない状況で逮捕することはできません。従来の法律には当てはまらないオンラインカジノは、逮捕されるような正当な理由がないのが実情なのです。

違法性・安全性が気になる方はカジ旅フリーがおすすめ

このように違法とは言えない以上、オンラインカジノは問題なく遊べるという解釈ができます。実際、それは事実であって、上でも述べた通りオンラインカジノをプレイしたが為に逮捕・起訴された前例はありません。
とはいえ、やはり合法ではない以上オンラインカジノには抵抗がある、、、という方におすすめな手段があります。それは金銭を賭けないオンラインカジノです。

代表的なものとして挙げられるのが「カジ旅フリー」になります。これは金銭のやり取りを行わないフリーのオンラインゲームです。実際のオンラインカジノで導入されているゲームの一部が遊べるので、ソシャゲ感覚で気軽にオンラインカジノが楽しめます。
もしお金を賭けることに抵抗があればカジ旅フリーから始めましょう。

カジ旅には詐欺もイカサマもないのか? 信頼性を見る安心性

カズキ君

オンラインだと相手の顔も見えないし、インチキされるんじゃないかって不安だよ

カジ乃先生

確かに不安に思うかもしれないけれど、カジ旅ならそういうことは起こらないから安心よ。

カズキ君

え?どうしてそんな風に言い切れるんですか?

カジ乃先生

それじゃ、カジ旅が安心・公平である理由について解説してあげるわね

法律的な視点からはカジ旅のプレイが問題ないことが分かった所で、今度はカジ旅のようなオンラインカジノ自体は安全なのか、という点について見ていきます。
実際、ギャンブルといえばイカサマや卑怯な手段が横行しているイメージを持たれている方も多いかと思います。そんなネガティブな事実がオンラインカジノにも存在するのか、という疑問に答える形でオンラインカジノの安全性や信頼性にフォーカスしていきます。

まずはオンラインカジノ自体に感じる不安やオンラインを介した詐欺、対面でない分イカサマしやすいのではといった面に対しての解説を行い、さらにカジ旅がイカサマや詐欺行為がないといえる理由についても触れていきます。 この項目を読めばよりオンラインカジノ、そしてカジ旅の安全性が分かるでしょう。

オンラインカジノに不安を感じる理由

オンラインカジノに不安に感じる理由

上でも述べた通り、オンラインカジノに対してどことなく不安を感じておられる方も多いのではないでしょうか? 実際、オンラインカジノは全く新しいギャンブルの形であり、これまでのギャンブルのように実際にゲームが行われている場で賭けを行うものばかりではありません。さらに運営元は全て海外の企業という点を考えると不安を覚えるほうが自然です。

では、この不安はどんなものからくるのでしょうか?ここではその理由として「詐欺が多いイメージ」や「オンラインゲームでイカサマし放題なのではないか」という2つの大きな理由に注目し、それぞれについて問題が無いという事を解説していきます。 この2つの不安が解消されれば、安心してオンラインカジノをプレイできるようになるでしょう。

オンラインを介した詐欺事件が多発している

オンラインを介した詐欺事件が多発している

オンラインを介する場合、対面ではないという点を悪用した詐欺事件が多発しているのも事実です。インターネットを利用したフィッシング詐欺やマルチまがい商法への誘引、仮想通貨の案件を持ち掛けた詐欺など枚挙にいとまがありません。ニュースにならないものも含めれば日本だけでも非常に多く存在してますし、テレビ以外のネットニュースでうんざりするほど見ている方も多いのではないでしょうか?

そんなオンラインのネガティブなイメージと違法ギャンブルのイメージがあるカジノを組み合わせたオンラインカジノという言葉は、それだけで詐欺のにおいを感じてしまうはずです。 しかし、そもそもオンラインカジノに詐欺が横行しているのであれば廃れてしかるべきはずですが、現実として非常に隆盛していることからも、オンラインカジノが安全であることの証といえます。

オンラインだからイカサマし放題なのではないか

オンラインだからイカサマし放題なのではないか

公認ギャンブルとされている競馬や競艇でも、特に地方で開催されるものは八百長などが話題になって事件に発展することもあります。人が介し、しかも公認ギャンブルとされる三競と呼ばれるものでさえイカサマが発生しているのです。 またパチンコの場合はパチンコ店側で設定すれば、いくらでもイカサマのような設定にすることもできてしまいます。ましてや海外の非対面なギャンブルであるオンラインカジでは、尚の事不正が横行しているのでは?と考えるのは実に自然な発想です。

しかし、カジ旅をはじめとした人気オンラインカジノを選べば、このような事態になることはありません。なぜイカサマがないといえるのか、その理由や根拠については以下をご参照頂ければよくお分かりいただけるのではないかと思います。

カジ旅に詐欺もイカサマもないといえる理由

確かに不安の残る”オンライン”という言葉に、ギャンブルのイメージが強いカジノがついた『オンラインカジノ』と聞けば、詐欺やイカサマがなく安全に稼げる、とイメージする方が困難といえるでしょう。

その点カジ旅には、運営会社が海外でも大手の娯楽企業であること、カジ旅の運営は国家が発行したライセンスによって保障されているといったこと、さらに実際カジ旅ではきちんと大きく勝利し、実際に成功を収めたプレイヤーが日本人を含めて数多くいることなど、詐欺やイカサマといった不安要素が一切存在しないといえる明確な根拠がいくつもあります。そんなカジ旅の安全性の根拠ともいえるこの3点についてそれぞれ解説していきましょう。

カジ旅は実績を積んだ企業による運営

カジ旅は実績を積んだ企業による運営

カジ旅を運営している企業はSweetspot N.V.と呼ばれる、キュラソーに本部を持つ企業です。この企業自体も数年にわたりオンラインカジノを運営しているのですが、この親会社であるHero Gamingは8年以上の実績を持ち、26の国々にサービスを提供しています。更には、カジ旅以外にもカジノミーをはじめとしたカジノブランドも有しています。つまり複数のカジノを運営する海外進出に積極的な企業が運営しているのです。

ここまで規模の大きなオンラインカジノの運営会社はそう多くはなく、それだけ信頼できるオンラインカジノであることが分かるでしょう。また、運営スタッフにはカジノ運営の実績が豊富なスタッフを多く抱えている上、オンラインカジノ運営を行う会社としては十分な実績もあり、ユーザーに適切なサービスを公正に提供できる能力を持っているのです。

国家が発行したライセンスによる安全性の保証

国家が発行したライセンスによる安全性の保証

オンラインカジノ業界には、国家レベルの行政機関が発行したライセンスを保有しているカジノが存在しており、カジ旅もキュラソー政府発行のオンラインカジノライセンスを所持しています。
世界にはピンからキリまで数えきれない程多くのオンラインカジノが存在していますが、その中にはライセンスを所持していないカジノや、ライセンスを所持してはいるもののその発行元が明らかでないカジノ、しまいには発行されていないにもかかわらず勝手に所持していると虚偽の情報を掲示するオンラインカジノすら存在します。

しかしながら、カジ旅は運営会社の存在するキュラソー政府という、発行元が明らか且つ厳格なライセンスを持っているという事実だけでも十分信頼できるのですが、それ以上に信頼できるのはこのライセンスを保有し続けているということです。
実際、オンラインカジノのライセンスには定期的に非常に厳しい審査が行われており、しかもこの審査にはある程度の費用がかかることから、オンラインカジノ側の負担も軽くはありません。カジ旅がライセンスを持ち続けられているという事は、これら2つを常にクリアし続けているという事でもあり、この事実もカジ旅の信頼の証といえます。

カジ旅での大勝利者も数多くいるので、出金面でも安心

カジ旅での大勝利者も数多くいるので、出金面でも安心

カジ旅には実際に大勝利者を収めたプレイヤーも数多く存在します。事例を挙げるならば2019年3月「Divine Fortune(デバインフォーチューン)」で128,658.49ドル(1,400万円相当)を獲得したプレイヤーや、1週間で100万円以上の高額な勝利金を7回も獲得したプレイヤーが存在している事も知られています。
これは分かる範囲、しかも日本人に限った事例です。このようにきちんと勝てる実績が明らかなオンラインカジノなので、安心してプレイできるでしょう。また、それだけの大金を得たプレイヤーが居たと言うことはカジ旅がきちんとお金を支払っていることを意味します。そういったことからも勝てて出金面も安心といえるでしょう。

アクションポイントカジ旅

カジ旅|

プレイするだけで冒険が進んでいき、ボスを倒せばお得なボーナスアイテムが手に入る冒険型オンラインカジノです。今なら期間限定で『slot彼女アリスのフリースピン200回』進呈中!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる