ネットカジノの事例を知り安全にプレイしよう!

ネットカジノと言えば、摘発されるのではないかと危惧される方も実際にいらっしゃいます。
しかし、実際のところ単独での利用は摘発の対象にならず危険なものではありません。

 

一方、その接し方を誤れば当然摘発されることも多くあります。
今回、そんなネットカジノの摘発事例についてまとめました。

これを読めばきっと、ネットカジノの摘発事例を知って安全にプレイできるようになるのではないでしょうか。

2016年の個人利用客の大量摘発

2016年の個人利用客の大量摘発

ネットカジノの摘発事例として、プレイしただけで摘発された事例があります。
その事例とは、2016年3月に埼玉県の男性2名と、大阪府の男性がオンラインカジノをプレイしただけで逮捕、摘発されたというものです。

 

なぜプレイすることは違法でないネットカジノの摘発されたかというと、一言で言えば日本人向けのネットカジノをプレイしたということです。
通常ネットカジノは、日本人はもちろん海外の様々なプレイヤーが参加しています。

 

そのため、海外のサービスとして認知され日本で賭博罪(違法ギャンブルをする罪)や賭博開帳図利(とり)罪(ギャンブル場を開いて営業する罪)の対象にはなりません。
しかし、このネットカジノでは、ライブカジノと呼ばれるカジノ場の中継で日本人のディーラーを起用して、日本語でのプレイを可能にしていたことが問題になりました。

 

これによって日本のサービスとして、日本で違法カジノを開いていると警察が判断し逮捕したのです。
しかも開催時間が日本時間の夜だったため、明らかに日本に住む日本人が客の対象であると判断し、それらが賭博罪に適応するとしてプレイしていた冒頭の3名を摘発しました。

 

また、この3名の身元が分かったのは、決済時にクレジットカードを使ったことが理由とのことです。
当局にクレジットカードの番号が漏れたという意味でも、衝撃的な事件として記憶されています。

2016年ネットカジノの実質的経営者が逮捕

2016年ネットカジノの実質的経営者が逮捕

ネットカジノの実質的な経営者も、2016年に逮捕されています。
ここでネットカジノの事情に詳しい方なら、違和感を覚えるはずです。
なぜなら、ネットカジノは運営企業が海外にあり、日本とは何の関係もない場合がほとんどだからです。

 

しかし、この摘発された理由は、ネットカジノの運営が実質日本人によって行われていたということが発覚し、摘発されました。
カジノを運営した経営者ら5人が逮捕されたこの事件は、賭博罪に抵触したのがその理由です。
確かに摘発されたネットカジノの運営は、オランダ領のキュラソー島でライセンスも同エリアで取得しています。

 

一見合法で、全く問題のなさそうなネットカジノなのですが、警察が内偵を続けたことで運営が日本国内で行われていたことが発覚しました。
サーバーやライセンス取得、名義は海外だったのですが、運営やメンテナンスなどの操作は日本人が行っていたのです。
この事件では利用者こそ摘発されませんでしたが、中心人物は懲役3年、執行猶予4年で750万円の没収、従業員も執行猶予3年で懲役1年6か月の判決を受けています。

頻繁に起こる店舗型のカジノカフェの逮捕

ネットカジノであっても、店舗型のカジノカフェは頻繁に摘発が行われています。
直近では、2020年9月末に名古屋市中区栄(名古屋の繁華街)の店舗で、逮捕理由はカジノカフェの業務を行っていたことです。

 

こちらは、ネットカジノを利用し店舗で金銭のやり取りをしていた、完全にアウトな摘発事例です。
従業員2名と客の男2人を摘発し、パソコン16台と現金11万円が押収されました。
これは賭博の道具にネットカジノを利用しているという判断で、完全な違法行為です。

 

こういった事例は多く、全国で毎年のように摘発される事例が続いています。
ネットカジノは入出金が面倒なことが多く、実店舗でそれらを簡単に行ってくれるため、カジノカフェを利用する事例が後を絶ちません。

摘発を回避して安全に楽しむには?

摘発を回避して安全に楽しむには?

ネットカジノの摘発を回避して安全に楽しむには、大手のネットカジノを利用し、自宅など店舗以外の場所で行うことです。
大手のカジノであれば、グローバル展開を行っており、完全な海外のサイトになります。

 

そのため、海外のカジノで遊んでいるのと同じという形で摘発されることはほとんどないといえます。
自宅など店舗以外の場所でネットカジノをプレイすれば、賭博罪でいきなり摘発されることもありません。

 

また、摘発された例ではクレジットカードの入金情報が洩れて逮捕に至った事例も先ほど紹介した通りあります。
そういったことを回避するため、可能であればクレジットカード以外の入金、例えば電子マネーや仮想通貨などを利用して入金するといったことで、より安全に遊ぶことができるはずです。

 

注意点が多いものの、基本的に大手でクレジットカード以外の決済を使っていれば安全なことがほとんどです。
また、摘発されたネットカジノのユーザーものちに不起訴になったので、そこまで簡単に摘発される例はまれと考えてもいいのではないでしょうか。