≪オンラインカジノで稼ぐ方法とは≫

オンラインカジノを「楽しみたい」のではなく、「稼ぐため」に頑張りたいと思っている人もいるのではないでしょうか。オンラインカジノは本当に稼げるのかという疑問をお持ちの人も多いかもしれませんので、その辺りからいろいろと探ってみるとしましょう。

○なぜオンラインカジノで稼げるのか
オンラインカジノに限らず、どのようなギャンブルも控除率と還元率が定められています。何を意味しているのかといえば、控除率というのは売上に対してどれだけの割合を必要経費側に計上するのか。そして控除率を引いた額が還元率です。 還元率が高ければ高い程儲けやすいギャンブルでもあるのですが、ちなみに宝くじの控除率は56%、つまり還元率は46%です。この数字だけを見せられてても高いのか低いのか分からない人の方が多いでしょう。ちなみに競馬は控除率が25%なので還元率が75%。宝くじよりかは良い数字だと気付かされます。 ではオンラインカジノはどれくらいなのかというと、控除率が5%、つまり還元率が95%と言われています。なぜこのような数字となっているのかといえば、オンラインカジノの場合土地代が必要ありません。サーバー上で運営しますので、他のギャンブルと比べて必要経費がかからないのです。そのため、還元率に回せるのです。 もちろんあくまでも平均値なのでオンラインカジノの業者によってこの数字は微妙に前後しますが、それでも他のギャンブルよりも断然良い数字となっていますので、「利益が出やすい」と考えられるでしょう。

○運も大切ですが知識も必要
「オンラインカジノは運次第」と思っている人も多いでしょう。確かに運はとても大切ではありますが、決して運だけではありません。勝利するために覚えておいた方が良いシステムもいくつかあります。マーチンゲール法、ベアビック法、モンテカルロ法、ココモ法、ぱーれー法、65%法、98.48%法、ウィナーズ投資法、31法。これらは最低限覚えておいた方が良いでしょう。 確かに運も大切ではありますが、運を引き寄せるための方法もあります。これらを覚えておくだけで勝率は大きく変わります。運任せで楽しむのもオンラインカジノの醍醐味ではありますが、オンラインカジノで稼ぎたいと思っているのであれば知っておいた方が良い方法です。

○ジャンルも大切
オンラインカジノにはいくつかのジャンルがありますが、「稼ぐ」という目的に特化するのであればあれこれ幅広く手を付けるよりも、ジャンルを絞った方が良いです。 特に稼ぐにうってつけとされているのがブラックジャックです。ブラックジャックとはトランプのゲームで、カジノ云々ではなく友達同士で楽しんだことがあるという人も多いのではないでしょうか。ゲームそのものは決して難しいものではんかう、カードの合計点数が21を越えない範囲の中でプレイヤーがディーラーより高い点数を獲得するゲームです。 完全に運任せびゲームだろうと思っている人も多いようですが、先に挙げた方法を組み合わせることで勝率を高められるのです。あれこれいろいろと試すよりも、ブラックジャックだけに絞った方が稼げるとの声は様々な所から出ていますし、実際にオンラインカジノで稼いでいる人の多くがブラックジャックに狙いを定めているようです。もちろん他のゲームでも稼ぐことは出来ますが、狙いを絞った方が自分自身のスキルも高まっていきます。 「勝負は時の運」との言葉もありますが、慣れてくれば時の運そのものを見極められるようになりますので、あれこれ手を付けるよりも、一つに特化して経験を積んだ方が稼げるようになるでしょう。

○運営会社を見極めることも大切
オンラインカジノは様々な企業が運営していますが、基本的には外国の企業が運営しています。大手もあれば小さい所もありますが、稼ぐのであれば大手の方が良いでしょう。 なぜなら、大手の方が様々な面で安心出来るからです。小さい所の中には、悪徳業者もいます。利用者への還元よりも自分たちの利益をとの思いの方が強い所もありますので、時にトラブルに見舞われてしまうとも限りません。 ですが大手と呼ばれているオンラインカジノの場合、社会的な責任も持っています。欧州のサッカーチームのスポンサーとなっているオンラインカジノまでありますが、そのようなオンラインカジノが仮にトラブルでも起こそうものなら自分たちの評判のみならず、スポンサーを行っているサッカーチームにまで迷惑をかけてしまいます。 大手のオンラインカジノはただ運営するだけではなく、社会的な責任感も持っていますので、利用者に対して公平かつ責任感のある営業を心がけています。 稼ぐためには、このようなオンラインカジノを利用した方が良いのは言うまでもありません。大手であれば払戻もスムーズなので、勝利した分のお金を手にするまでも安心出来るでしょう。 オンラインカジノで稼ぐためには、自分自身はもちろんですが安心出来る会社なのかもまた、大切な部分です。

gotoTop