ココモ法

ココモ法
≪現金をチップに換金する方法≫

カジノでプレイをする為には、必ず換金が必要になります。いわゆるチップに両替する必要があるのです。
そもそも日本人が外国で何かの買い物をする為には、必ず現地通貨が必要になるでしょう。アメリカで買い物をする為には、日本円ではなくドルが必要ですね。それと同じ通貨が、もちろんカジノにも存在する訳です。
お金をチップに両替する為の方法は、極めてシンプルです。カジノの所定の両替場に足を運んで、換金をしてもらう事になります。
ただその際に、1つ注意点があるのです。必ずカジノのディーラーと呼ばれる方にチップに換金してもらう必要があります。その際、ディーラーに対する現金手渡しは不可能です。カジノには様々な独自ルールが存在する訳ですが、原則として直接の手渡しはできません。
ではどうすれば良いかというと、テーブルに置けば良いのです。それを見たディーラーが現金をチップに換金してくれます。ちなみに利用客としては、一度テーブルにおいた現金に手を触れてはならないルールになります。手を触れたからと言って、さすがに退場させられる事はありませんが、いわゆるマナーの1つになりますので触れないよう心がけるべきでしょう。

このようにしてカジノ施設にて換金をしてもらう方法もあれば、実は施設近くの街中にて換金をしてもらえることもあります。ただその際のレートなども、カジノ施設とは異なるケースが殆どです。
どちらの方がお得になるかは、もちろん状況によって異なります。時には施設ではなく街中で両替してもらう方が、チップ購入料金がお得になる事もありますので、事前に確認をしておくのが望ましいでしょう。カジノでの利益率などを望むならば、意外とそれは重要なポイントの1つです。
チップに両替をする為の方法は上記の通りですが、ここで述べたのはカジノ「施設」における換金の方法です。オンラインでカジノを利用するとなると、話が少々異なってきます。いわゆるオンラインカジノの場合は、選択肢が少々多彩だからです。

オンラインカジノを利用する場合には、基本的には入金手続きが必要になります。ただその種類が、とても多いのです。
オンラインカジノに入金するとなると、利用者は電子マネーを使う事が多いです。ネッテラーというお金があるのですが、利便性の高さや手数料などに関するメリットがあるからです。
例えば銀行振り込みなどの方法はあります。ただそれは、カジノに関する対応の問題があります。全てのカジノが日本の銀行に対応している訳でもなく、中には銀行振り込みが難しいカジノもあるからです。カジノに大きく左右される事が多く、振り込みで入金をする方々などは、あまり多くありません。
またその方法の場合は、手数料がかなり大きくなる事もあります。それがどれ位の手数料になるかも銀行次第ですが、中には5,000円程度の手数料が生じてしまうケースもあります。
それと銀行振り込みでは、着金までにかなり時間がかかってしまう事もあります。振り込み手続きを行ってから、最大で2週間前後を要してしまう事もあるのです。早くプレイしたい時には、それではちょっと困るでしょう。
それに対して電子マネーの場合は、非常に早いことだけは間違いありません。手数料も銀行振り込みなどと比べれば、かなりリーズナブルです。
それとクレジットカードなども、よく使われます。やはりカードで支払う方法は、とても早いです。少なくとも銀行に比べれば、圧倒的な速さを誇ります。基本的には即時入金になるので、上記のネッテラーと同じく、カードなどもよく用いられているのです。
また、カードによる入金方法には、セキュリティに関するメリットもあります。かなり安全性が高いセキリティシステムが利用できますので、それだけ安全に入金できるメリットも大きいですね。
ただしカードで支払うとなると、もちろんカード会社所定の金利が発生する事は間違いないでしょう。金融会社に対する手数料はありますし、そもそもカードは立て替え払いですので、所定の期日までの返済義務が生じます。お金を借りているという点だけは、要注意でしょう。しかし利便性を重視するなら、カードも悪くない入金方法と言えます。

その他にも、様々な入金方法は存在します。マネーブッカーズという手段もあれば、PayPalなども意外と多くの方々が利用しています。それぞれの電子マネーによってメリットも異なりますので、よく比較した上で一番使いやすい手段を選ぶと良いでしょう。

オンライン媒体でのカジノの場合は、このようにかなり多彩な選択肢があります。少なくとも施設タイプのカジノと比べると、かなり選択肢が豊富なのは間違いないでしょう。
ちなみにオンラインのカジノの場合は、出金時に本人確認が行われるのも特徴的です。身分証明書の提示などは、ほぼ確実に必要になります。
しかし施設タイプのカジノの場合は、チップをお金に戻す時には、特に本人確認が行われる事もありません。この点も、オンラインと施設タイプの主な違いの1つですね。

マーチンゲール法の変形型で配当が3倍以上のゲームに適しています。

まず初期投資額を$1とします。

負けた場合は、2回目にもう一度$1を賭けます。3回目からは、前回と前々回の賭け金を足して賭けていきます。

つまり3回目は$1+$1で$2、4回目は$1+$2で$3という具合に的中するまで掛け金を増やしていきます 。

的中したら、また初期投資額の$1から始めます。

下記の例は7回連続外れて8回目に的中した収支です。

回数 1 2 3 4 5 6 7 8
賭け金 $1 $1 $2 $3 $5 $8 $13 $21
トータル収支 -$1 -$2 -$4 -$7 -$12 -$20 -$33 +$9

マーチンゲール同様、的中した時点で収支がプラスになります。

ココモ法の場合、連敗が深いほど当たった時の収支幅が大きくなるのが面白い箇所です。

gotoTop