パーレイ法

パーレイ法
≪シンガポールにあるカジノとその主たる魅力≫

カジノは、世界各国にあります。中でもラスベガスやマカオなどは、知名度が非常に高いです。
もちろんそれ以外の国々にもカジノがあって、最近ではシンガポールなどは注目度が高まってきています。シンガポールの場合は、少なくともマカオほどの規模ではありません。それほど多くのお金が動いていない地域ではあります。
逆に、シンガポールにあるカジノは発展途上の段階でもあります。今後は上記のマカオなどと引けを取らないレベルになると期待されています。

シンガポールにあるカジノは、実は歴史はかなり浅いです。少なくともアメリカほど長くはありません。
シンガポールでは、2,000年代の半ばにカジノに関連する法律が決まったのですね。国会でその法律が通って、2,010年にはとうとう新しいカジノ施設が登場しました。歴史が浅い分、まだ発展途上なのです。
それだけにシンガポールは、カジノの数も非常に少ないです。現時点では2ヶ所だけしかありません。ヨーロッパのように、150前後ものカジノはありません。
またシンガポールのカジノには、まず安全度に関わる特徴があります。世界各国にあるカジノの中には、治安などには若干の問題点がある所も見られます。もちろん犯罪率などは、利用者の方々にとっては心配な要素です。
ところがこの東南アジアの国の場合は、セキュリティに大きな力を入れています。犯罪などが生じないように、最大限の配慮を払っている訳です。
それだけにシンガポールの場合は、治安は非常に良いです。当然そこでプレイする方々としては、安心感を抱く事ができるでしょう。
ようするにシンガポールには、まず安全面に関わるメリットがあります。それだけでなく、立地に関わるメリットもあるのです。というのもこの東南アジアの国の場合は、宿泊施設に関する特長があります。

そもそもカジノなどでプレイをした方々は、ほぼ確実に宿泊施設に止まることになります。ホテルなども、カジノ旅行の魅力の1つです。
それでシンガポールにあるカジノの場合は、ホテルまではあまり遠くありません。上記2箇所のどちらのカジノも、ホテルと隣接しているのです。したがってカジノでプレイした後に、わざわざ遠くの宿泊施設まで移動する必要も無いのです。つまり宿泊に関する利便性が、この国の大きな特徴の1つと言えます。

それと今後の将来性に関する魅力も、やはり見過ごせないでしょう。上述のように発展途上な国ではありますが、それだけ今後大きく成長していくという期待感なども、この国のカジノの特長の1つと言えます。
現時点ではアメリカやマカオほど多くのお金は動いていませんが、今後はそれらの国を追い越すのではないとの意見もあります。

また初心者の方々に関する、ハードルの特長があるのです。この国のカジノは、初心者の方々でも利用しやすいからです。
そもそも一部の国々のカジノによっては、初心者にとってはハードルが高さが感じられる事があります。なぜなら一部の国では、会員登録などが必要です。中には観光客向けのカジノではない所もあり、初心者の方々には少しハードルが高く見えます。
ところがシンガポールの場合は、全く利用した事が無い方々でも問題ありません。カジノの従業員の方々も、非常に親切に教えてくれます。
また雰囲気なども落ち着いているのです。一部の国々のように、いかにもアミューズメント施設のような雰囲気も良いですが、却ってそれでは落ち着かない事もあるでしょう。マカオなどでは、アミューズメントのような雰囲気が漂っていますね。
ところがシンガポールの場合は、雰囲気は非常に落ち着いています。それだけに初心者の方々にとっては、利用しやすい傾向があります。

また時間と料金に関する特長もあるのです。まず前者ですが、シンガポールは24時間で営業しています。一見するとそれは当たり前のようですが、実は国によっては24時間ではない事もあります。あくまでも夕方から夜だけに限定されている国も、中にはあるのです。それに対してシンガポールは常時オープンしていますので、時間的な魅力がある事は間違いないでしょう。
それと後者の料金ですが、シンガポールは入場無料となります。料金が徴収されないのも、さりげなく嬉しいですね。
また料金と言えば、それに関するお金も見過ごす事はできません。シンガポールの場合は、プレイ料金はそれほど高くないからです。少なくとも2万円程度を準備しておけば、シンガポールでは一通りのゲームをプレイできるでしょう。物足りなさを感じることは、余り考えられません。
またシンガポールには、施設に関する特徴もあります。上記のホテルなどはカジノに関わる魅力の1つですが、それ以外にも飲食施設に関する魅力もあるのです。レストランなども非常に充実していて、周辺施設に関する魅力も見過ごせないでしょう。

このようにシンガポールにあるカジノは、様々な魅力がある訳です。ですのでこの国に観光旅行をする方々などは、しばしばカジノに立ち寄って、楽しい時間を過ごすことも珍しくありません。

マーチンゲール法の逆パターンです。逆マーチンゲール法とも呼ばれます。

連勝の勢いに乗って少ない手持ちを一気に増やす方法です。

やはり、ルーレットの赤黒のように2分の1で2倍の配当になるゲームに適しています。

マーチンゲール法の逆で勝った時に勝ち額のすべてを次のゲームにつぎ込みます。

配当が2倍の勝負では、単純に$1から始めて8連勝すれば+$255になります。

下記の例は8連勝した収支です。

回数 1 2 3 4 5 6 7 8
賭け金 $1 $2 $4 $8 $16 $32 $64 $128
トータル収支 +$1 +$3 +$7 +$15 +$31 +$63 +$127 +$255

負けた時は最初の$1しか損をしていないことになります。

また、この応用法として連勝途中で元手を差し引いておく方法もできます。

破壊力は若干落ちますが、この方法なら連勝が途中でストップしてもマイナスになることはありません。

gotoTop