日本人が選んだオンラインカジノランキング

 

≪ネットカジノ(オンラインカジノ)とは≫

ネットカジノこそ最もテラ銭が低く「勝ち易さ」を誇るギャンブルです。テラ銭とはカジノ側へ支払う控除率でありギャンブルの「勝ち易さ」を示す重要な要素です。宝くじでは50%、競輪・競馬・競艇・オートレース等の公営ギャンブルは20%~25%、パチンコでも10%もテラ銭が取られています。

比べてネットカジノは平均5%という低さを誇り、ゲームによっては1%未満、優良なネットカジノではペイアウト率100%を超えて赤字経営することもざらです。これは、インターネットを使った運営なので人件費が掛からないのが背景にあります。
出典:ネットカジノとは

 

≪オンラインカジノとは?≫

オンラインカジノは日本に住んでいながら唯一出来るカジノとして大変注目されています。日本ではカジノ自体、そしてオンラインカジノの知名度が低いですが、カジノの本場では普通の娯楽として認知されています。オンラインカジノになじみのない人はオンラインカジノは怪しいのではないか?不法請求が来るのではないかと心配にいなりますが、海外ではオンラインカジノの会社が上場していたりして、政府公認になっていたりしますので信頼を置くことが出来ます。ただ単に日本人の知識不足やイメージでカジノを嫌っていることもあるのかもしれません。

オンラインカジノにはたくさんのゲームが用意されています。有名どころでは、スロット、ブラックジャック、ルーレット、バカラ、ポーカーなどがありますが、それ以外にも何十種類もありますので、飽きることなく続けることが出来ます。最初はいろいろな種類を試していって、お気に入りのゲームを見つけ熟練できるでしょう。またオンラインカジノの魅力は本場さながらの臨場感を感じることが出来ることで、勝った時の興奮は本物に負けを取りません。また周りに人がいないためによりカジノに集中することが出来るというメリットを感じている人もいます。

 

≪オンラインカジノは違法?合法?≫

実行行為という言葉が、実は違法か合法かを分けるポイントになっています。これが及んでいるのが、合法な地域であれば合法であり、違法とされているところなら違法です。オンラインカジノは、日本では違法扱いとなりますので、実行行為が日本に及んでいると判断されれば違法です。以前までは、サーバーが海外にあるとか、日本人に向けて行っているサイトではないと証明できれば、実行行為は違うと判断されて、摘発できない仕組みとなっていました。しかし、最近逮捕された事例では、海外にサーバーが置かれていたとしても、国内を狙っていると判断された実行行為であれば摘発できることが判明しています。そのため海外にサーバーを置いているだけでは、賭博行為を日本で行っていないという証明にならず、むしろ日本に向けてサイトを作っているなら、当然のように違反行為として扱われ、逮捕されることがわかりました。こうした実行行為は、刑法に詳しい人じゃないとわからない点もありますが、最近は日本が対象となっていて、海外から根回しをしているサイトが次々となくなっています。それくらい逮捕された事例が非常に大きなポイントになっていて、これからは海外向けに作りつつ、誤魔化して日本で行えるギリギリのラインを狙うカジノが増えると見られます。

 

 

≪カジノが遊べる日が来る?≫

来る2020年の東京オリンピック開催までに、政治家の主導によってカジノ合法化を実現させようとする動きがあり、国会および社会全般において、大きな話題と議論を呼ぶ可能性があります。
カジノ合法化の推進派の勢力が、東京オリンピックに間に合わせようと急いでいる要因としては、まず、オリンピック開催年には、通常年よりもはるかに多くの観光客が来日する事が見込まれており、その外国人観光客たちにカジノを利用してもらい、多大な経済効果を得ようと目論む考えがあるからです。なお、多くの外国人観光客に日本のカジノを認知してもらう格好のPRの機会となり、リピーターを作る事も併せて期待されます。オリンピックイヤーは、大きなビジネスチャンスだという訳です。
また、カジノ施設を含めた特定複合観光施設区域の諸施設は、基本的には民間業者にて運営される事となっているのですが、区域内の諸施設建設やインフラ整備の大部分については、民間よりの資金投資にて行われる計画予定となっています。
従いまして、国・自治体の資金負担額は極めて低く済む可能性が高く、財政に負担を掛けることなく建設・整備され、大きな経済効果を生み出す事が期待される特定複合観光施設区域の事業は、国・自治体からも大いに歓迎される傾向にあり、東京オリンピック開催に向けてカジノ合法化が進んでいる要因のひとつとなっていると考えられます。

 

≪カジノの合法化について≫

日本では、現行法律において賭博・ギャンブルにまつわる行為は禁じられています。例外的に、競馬や競艇そしてオートレース等が公営ギャンブルとして認められていますが、その他については、施設設営・運営はもちろんの事、賭け行為は違法と定められており、違反した場合には、厳しく罰せられます。
しかしながら近年、カジノ施設の運営を一部合法化する論議が持ち上がっています。政治の場においては、昨年の国会において、通称「カジノ法案」と言われる法案が提出され、本年において集中審議の上、可決成立する可能性があります。
この議員立法は、超党派の議員により構成されている議員連盟(通称「カジノ議連」)によって提出されたのですが、カジノ議連の最高顧問は、安倍晋三総理大臣が務めており、カジノ合法化に向けた本気度の高さがうかがわれます。カジノの合法化は、日本経済の活性化や発展を実現するための起爆剤になり得るといった考え方があり、これがカジノ合法化を支持・推進する人たちの大きな根拠となっています。
カジノを含めたレジャー施設(特定複合観光施設)を作ると、その設置地域の経済における経済効果や、多様な産業に対する経済波及が見込まれ、新たな雇用の創出が実現出来ます。また、観光産業の目玉となり外国よりの観光客の増加につながる事も期待出来るなど、多大な経済的なメリットが試算されています。国・自治体の財政収入向上にも寄与するでしょう。

 

≪日本におけるカジノの理想的な在り方≫

現在、超党派の政治家の議員連盟である「カジノ議連」や、カジノやアミューズメント産業に関心を示す大手有力企業が核となって推し進められているカジノ合法化ですが、国会の場で審議の対象となった「カジノ法案」においては、厳格な規定に基づいて施設設置を可能とするルールとなっています。
仮にカジノ合法化が実現したとしても、施行された法律において、ごく一部の場所のみが、特定複合観光施設区域の指定を受けて、カジノ運営が認められる事となるでしょう。つまり、はもとより現在のパチンコ店やゲームセンターのように、一定要件を満たした地域であれば、行政の認可のもと、全国津々浦々どこにでも設営が出来るという訳ではありません。そこで、どういったかたちでカジノを作れば望ましいのか考えてみると、大都市型と地方型の2種類において計画・実施されるべきであると言えます。
まず大都市型とは、東京・首都圏や大阪、あるいは名古屋、福岡といった、従来より経済規模が大きく人の出入りが活発な大都市部に、特定複合観光施設区域を設けてカジノを施設する方式です。もともと大都市部は人口が多く、また交通アクセスが良く国内外の観光客を集客しやすい事から、大きな経済効果を目論む事が可能です。
そして、大都市部に富と経済が集中して、国内経済の地域格差が生じる状態を回避するためには、地方型の導入を検討すべきです。地方型においては、人口が少なく経済基盤が脆弱な地方にてカジノ施設を運営する事により、観光をはじめとする地域の産業を振興させ雇用を増やし、経済の活性化を起こす起爆剤とする目的があります。
このように、都市型と地方型を合理的に組み合わせてカジノ施設運営を行えば、国内全体の経済的底上げと発展につながる可能性があるでしょう。

 

≪カジノ合法化の効用≫

カジノ合法化並びに特定複合観光施設の設営は、観光客の増加、様々な産業の振興、雇用の創出といった、いわゆる経済効果や、国・自治体の財政面の改善などが期待されており、こういった面が主要な指針として強調されておりますが、「芸術文化の強化」といった面においても議論の声が上がっています。世界中から尊敬と高評価を受けるような、豊かな国家となるためには、そして国民の幸福を実現するためには、経済の拡大と安定的発展だけを目指すだけでなく、芸術や文化の面においても、成熟並びに発展をしていくべきだからです。
ところでカジノと芸術文化は、一見、関連性は薄いと考えられますが、カジノ法案によると、カジノが施設運営される特定複合観光施設区域には、レクリエーション施設や宿泊施設の他、観光振興に寄与するとされる施設の運営を認めており、この区域に、たとえばコンサートホールや劇場を施設する事により、芸術文化の振興に些少なりとも寄与する事が考えられます。
また、例えばカジノやネットカジノの運営等によって収益を得た民間業者に対して、芸術文化活動に対する賛助を義務付ける法制定を行ったり、あるいは、国・自治体が一定要件を満たした芸術文化活動を賛助する仕組みを運用する事により、芸術文化に携わる人たちや団体等をサポートし、ひいては、芸術文化の振興強化を可能とすると考えられるのではないでしょうか。

 

≪カジノの依存症対策≫

上述のようにカジノを合法化することには多くのメリットがあるように思えます。
ただその反面、カジノビジネスに関しては巨大な利権が生まれる可能性があるため、国・行政において、カジノ施設運営に関する免許制を組み込む事をはじめ、厳格なルール作りを行わないと、様々な問題が発生する可能性があり、治安の悪化を生み出すリスクがあります。また、ギャンブルに熱中するあまりに、いわゆるギャンブル依存症となり、仕事を辞めたり家庭が破壊されるなど、正常な日常生活を送る事が困難になる人が増える懸念がある事から、カジノ合法化に関しては依存症対策についても、政治家、国・自治体は、しっかりと真剣に考えていかなければならないと言えます。
そこでカジノの合法化を実施し、実際にカジノを運営するにあたっては、賭博・ギャンブルに対して度を越した熱狂を示している、いわゆる依存症の人たちへの対策を講じる事が、大変重要となってきます。なぜならば、確かにカジノは、賭博を行いスリルを楽しみ、ある意味、非日常的な夢を見る施設ではありますが、あくまで一般大衆が安全に遊べる健全な娯楽施設として機能すべきであり、人生や精神を破綻させるほどの依存症を生み出す場所にしてはいけないからです。
そこで現在、カジノ合法化に向けた法制定を検討している人たちの間では、依存症に該当する人物を、カジノ施設から強制的に退去させる方法を導入する事が検討されています。
これは、依存症と自己認識している本人もしくはその家族等の人たちからの申し出を受けて、カジノ施設への入場を禁じ強制排除を可能とする方法です。たとえば、依存症本人やその家族等が事前にカジノ管理者等に前もって申請しておきます。そして、仮に本人が誘惑に負けてカジノ施設にやってきたとしても、施設スタッフが決して中へ入れないように対応します。依存症本人の主体性(抑制心)にゆだねるのではなく、カジノ施設運営者側において強制的に排除させる事が可能なこの方法は、極めて高い効果が見込めるでしょう。なお実際にこの方法は、既にカジノ運営を行っている諸外国において導入されている依存症対策であり、現実的に実行効果が認められているとの事です。
現在、依存症対策としては、入場料金を徴収する方法なども検討されておりますが、この依存症者を強制排除させる方法のほうが、高い有効性が見込めるのではないでしょうか。但し、運用方法等については、より一層の議論を深めていく必要性があるでしょう。

ジパングカジノロゴ
1等

ジパングカジノ

  • 世界最高準の日本語サポート!困ったときにはいつでも親切なサポートが助けてくれます。
  • オンラインカジノが信じられなくても、ライブゲームならどうですか?
  • ライブゲームでは美女と楽しいひとときを過ごしながら優雅にギャンブルできます。
ジャックポットシティカジノロゴ
2等

ジャックポットシティカジノ

  • 美しいグラフィックと壮大なBGM、業界最高峰のマイクロゲーミングのカジノゲーム
  • 当選確率の高い日本人専用プロモーションが多く揃っています。
  • 無料トーナメント多数 入選すれば参加費無料でも賞金獲得可能です。
  • もちろん充実の日本語対応。親切丁寧な日本人サポートが初心者にも優しく対応してくれます。
カジノジャンボリー
  • いつでも即金!業界随一の支払いスピード。なんと最速一時間以内!!
  • 日本語対応と支払いスピードに優れたオンラインカジノ
  • 『オンラインカジノの常道ともいえるボーナスを一切排除』するほど、とことんまで【本場のカジノらしさ】を追求し続けるカジノ
ラッキーベイビーカジノロゴ
優等

ラッキーベイビーカジノ

  • ライブゲームにもボーナスを用意しているという、痒い所に手が届く親切設計
  • 日本人に大人気なジパングカジノの姉妹カジノ
  • オンラインカジノに対して敷居が高く感じている方も、日本人にもなじみ深い『スロット』は如何ですか?勿論スロットにも常時ボーナスが用意されています♪
ロイヤルベガスカジノロゴ
優等

ロイヤルベガスカジノ

  • マイクロゲーミング系のカジノでは稀少な無料チップボーナス完備
  • 長い歴史を持つマイクロゲーミング系のオンラインカジノ
  • マイクロゲーミング系最速!条件付きながらも4時間出金対応を宣言しているカジノ
インターカジノロゴ
優等

インターカジノ

  • インターカジノで毎月必ずもらえるマンスリーボーナス 好みのゲームに合わせたボーナスが用意されています。毎月もらえるなんて太っ腹!
  • スパイダーマン、ハルクにX-Manも、あのマーベルの有名映画キャラが大暴れ!
  • ストリートファイター参戦!カプコンのタイアップゲーム
  • セクシーゲームに大興奮!ボーナスゲームでブロンド美女のセクシーショットを堪能!

gotoTop